【ロシアW杯】治療家のサッカー観戦 7試合目(チュニジアーイングランド)

サッカー

こんにちは

「〜したい」を叶える整骨院 みやた整骨院の宮田です

ロシアW杯観戦、7試合目です

チュニジア-イングランド

前大会で1勝も出来ずに予選グループで敗退したイングランドは

メンバーを大幅に入れ替え若いメンバーでどう戦うのかが注目です

ecaeb0e29000dbeb479d49df6a1f1f96

ボール支配率ではそれほどの差はありませんが

シュートの数では3倍

枠内に打ったシュート1本でPKとはいえ

1点を奪ったチュニジアもうまい試合運びだったように思います

最後はアディショナルタイムにエアーポケットのようにフリーになったケイン選手がシュートを決め

1-2

でイングランドの勝利

チャンスで当たり前のように決める決定力が強豪国にはありますね

試合ハイライト

 

治療家目線

チュニジアは前半16分に負傷によりGKが交代しています

試合をみていても、これといった接触がありません

1回目に痛みを訴えたシーン

IMG_0679

イングランドの選手と接触することなく、ボールに当たることもありませんでしたが

左肩に痛みを訴えていました

1度試合を再開し

2回目に痛みを訴えたシーン

IMG_0671

バックパスを大きく蹴りだしましたが

ここでも接触はありませんがそのままうずくまり試合が中断

IMG_0669

 メディカルスタッフの対応するも試合続行できず

IMG_0673

ここでGK交代

これまでの情報で推測する限り

このGK(ムエズ アセン選手)は習慣性肩関節脱臼ではないかと思います

どちらのプレーも勢いよく左腕を動かした後に痛みを訴えていますし

メディカルスタッフの対応も

脱臼を入れているようにも見えます

1回目では抜けきっていなかったから様子をみたが

2回目で完全に抜けてしまい脱臼を入れてみたが

痛みが引かずプレーを断念

試合終盤の様子をみてもそんな感じがします

IMG_0680

 

078-451-7877

みやた整骨院HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました