【ロシアW杯】治療家のサッカー観戦 6試合目(ブラジルースイス)

サッカー

こんにちは

「〜したい」を叶える整骨院 みやた整骨院の宮田です

ロシアW杯観戦、6試合目です

ブラジル-スイス

前大会が不本意な結果で終わってしまったブラジル

今大会は負けられない大会

いつも通り初戦は勝っておきたかったはずですが

1の同点引き分けとなりました

前半はブラジルらしい試合だったように思いますが

後半開始早々に同点に追いつかれてからは

守備を固められたスイスを崩しきれず

追加点が奪えませんでした

ネイマールも1試合10回という記録的な被ファウルと

スイスからの警戒の強さが記録に出ています

そんな状況でも

得点に絡んだプレーがなければ

ブラジルではネガティブに報道されているようです

 6f99dc7561b1e5aff5f557b54255052d_1529303322_1

 

治療家目線

この試合ではスイスの得点シーンに注目です

コーナーキックからの得点ですが

得点したシュテフェン ツバーがジャンプする前に

ブラジルのミランダ選手を少し押しているように見えます

 

これがファウルかどうかという判断は審判に任せますが

ジャンプをしようとしたこのタイミングで押されると跳べません

狙ってやったかどうかはわかりませんが

相手が飛ぼうとするタイミングで少し力をずらされるだけで

跳べなくなります

うまいタイミングで相手の身体を崩したな

という感じです

武道に近い感覚ですが

相手に力を発揮させないずらし方はあります

チカラ対チカラ

だけでは、体格の良い選手には勝てません

身体を使い技術で体格さを覆しましょう

078-451-7877

みやた整骨院HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました