【姿勢】練習時間以外の過ごし方を見逃していませんか?

みやた整骨院の考え

こんばんは

阪神深江の「~したい」を叶える整骨院 みやた整骨院の宮田です

競技能力を向上させる為に意識を高く練習するのは当たり前

姿勢が悪いと競技能力も下がります

姿勢が良いと競技能力も上がります

この辺りは皆さんなんとなくわかってるんじゃないかと思います

自分の姿勢がどんな風に悪くなっていて、どうすれば良い姿勢になるかが良くわからない

理想の姿勢(フォーム)はわかっているけど、それをどうすれば出来る様になるのかわからない

これが知りたいポイントではないでしょうか?

実際にどのように取り組んだらよいかっていう細かな部分は、実際に見てみないとアドバイス出来ませんが

忘れがちな忘れて欲しくないポイントだけ確認して下さい

例えば、学生が部活動で真剣にスポーツに取り組んでいるとします

練習時間は1日2~3時間っていう所だと思います

競技の為の地道なトレーニングとしてや基本練習、体幹トレーニング、フォームチェック等の楽しくない練習も真剣に取り組んでいるのにフォーム(姿勢)が改善されない

そんな経験ありませんか?

学生の場合、授業が大抵6時間あります

練習時間の2~3時間は姿勢を意識してよい姿勢で練習しようとしていても、授業中の姿勢が崩れていたら…

%e5%ba%a7%e3%82%8a%e6%96%b9

6時間姿勢が崩れてたままで、3時間良い姿勢で頑張ろうとしても、上手くいきません

良い姿勢で競技したいなら、授業中や家での過ごし方なんかも見直す必要があるという事です

自分の都合の良い時だけ気を付けて、結果を変えようなんて都合が良すぎるっていう事です

練習中に真剣に取り組む事は重要な事ですが、それだけでは上手くいかない事もあります

睡眠や食事も含め、生活スタイルが競技能力として表れてきます

66e0acd4

競技能力という結果を変えたいなら生活スタイルから見直してみましょう

みやた整骨院  宮田 彰二

みやた整骨院HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました