【整骨院でも良く聞く】「スジ」って何?

みやた整骨院の考え

こんばんは
「~したい」を叶える整骨院 みやた整骨院の宮田です

「スジ」痛めたみたいなんですけど?
「スジ」ですか?

良くある会話です

けど、「スジ」なんてありません!

痛い場所の名前なんてどうでも良い事で、「なぜ痛めたか?」「どうなっているのか?」「「どうすれば良いのか?」の方が大切なので、会話をスムーズに進める為に「スジ」とお話する事もありますが
やっぱり「スジ」はありません!

「スジ」と呼んでいるモノは何なのか?
人によって「スジ」が指すモノに違いがあるのですが、触った感触がコリコリしていて筋状になっているモノの事を一般的に「スジ」と呼んでいるようです
・筋肉の硬くなっている所
・腱の部分
・靭帯
この辺りを「スジ」と呼んでいるんです

(腱も勘違いされている場合が多いですが、筋肉の一部なんですよ~)

123321853977116414268_kinsoku-1

モノの呼び名はどうでも良いのですが、問診の時に人によって「スジ」が指す場所が違い戸惑う事もあります
当の患者さんにとっては、当たり前の呼び名なので「なんでわからんの?」「大丈夫?」となりかねません

実際は、「ここが痛い」って言う事だけではなく「どうしてなったのか?」「どんな時にいたいのか?」「どんな種類の痛みなのか?」などのお話や、動きや診断テストなどの情報で総合的に判断するんで大丈夫なんですが

他にも

ケンビキ-肩甲骨の内側(地方によっては口内炎)
ヒザボン-膝のお皿のある部分
スネ-膝
コムラ-ふくらはぎ
キビス-踵
等々

地方の方言を含め教科書に載っていない呼び名って意外とあるんです
慣れればどうってことないですが、初めて聞いた時は?となります

好きな呼び方で呼んでもらって構いませんが、最初だけドキッとするかもしれませんが、ご容赦ください

みやた整骨院  宮田 彰二

みやた整骨院HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました