こんにちは

「〜したい」を叶える整骨院 みやた整骨院の宮田です

ロシアW杯観戦、27試合目です

クロアチアーイングランド

正直

2戦連続延長戦・PK線を戦ってきたクロアチアが不利だと思っていました

試合開始直後に

FKからイングランドに先制され

9 (1)

前半こそ

リズムが悪く、調子の悪い感じがしていましたが

後半は一気にギアを上げてきました

流れの中なら1点返し

 

そのまま延長戦へ

3戦連続の延長戦に突入したクロアチア

勢いは落ちませんでした

延長後半にもう1点とり

spo1807120018-p3

終盤

イングランドの猛攻をしのぎ切り

 

2-1

クロアチアが初の決勝進出を決めました

クロアチアの疲れ知らずのタフさには脱帽です

今大会

セットプレーからの得点が多かったイングランド

流れの中からの得点が多かったクロアチア

それが顕著に表れた試合のように思います

 

試合のハイライト

 治療家目線

FIFAは今大会期間中に

いつくかの罰金を命じています

クロアチアも罰金を命じられたチームの一つ

スポンサーとの独占契約を大会が結んでいるため

ピッチ周辺で他社製品を飲食する事は認められていません

決勝トーナメント1回戦

DF選手の一人が「レッドブル」を飲んだ事で命じられた罰金が

7万スイスフラン(約780万円)

1012c654

レッドブル一本が780万円です

商業的な罰金です

これ以外にもスウェーデンやイングランド・ウルグアイの選手が

bc5a5f0c-ff86-64c0-05d1-d57fd9fc52f3

Dgi63CPX0AADeK6

認定されていない用具を使用したとして

スウェーデンとイングランドに7万フラン(約784万円)

ウルグアイに5万スイスフラン(約560万円)

の罰金が命じられています

ユニホームとして決まれているソックスを足首で切り

機能性ソックス(今回のものは滑らず力のロスが出にくいらしい)を履いた上に

重ね履きしていたようです

規定で認められていないなら罰則は仕方ないと思いますが

失格とか資格はく奪とか出場停止ではなく

お金で解決できるのも商業的な感じがします

サッカーらしいようにも思いますが

他のスポーツならお金ではない罰則もあるように思います

今回のソックスの件も

FIFAは警告をしていたにもかかわらず

改善しなかったという経緯も発表しています

罰金覚悟で改善しなかったわけです

この機能性ソックスの宣伝効果も抜群ですよね

もしかしたら、そのメーカーから・・・

商業的だからこれだけ大きな大会ができるのも事実

これもサッカーの一面ですね

 

078-451-7877

みやた整骨院HP

関連記事