こんにちは

「〜したい」を叶える整骨院 みやた整骨院の宮田です

ロシアW杯観戦、24試合目です

ウルグアイーフランス

ウルグアイは最初から飛ばしてましたね

前線からプレスをかけ

数的優位を作る

一つのプレーが終わってからも

全速力で次のプレーに向かっていく姿勢が印象的でした

気持ちの強いチームですよね

フランスも最初は押され気味で

攻めにくそうにしていましたが

セットプレーから1点目を奪い

ff92e2a00eb353acbad221dad3f88f4d_1530902652_2

余裕をもってボールを回せるようになると

フランスペースでしたね

ウルグアイはもともと堅守速攻のチーム

チームで守り

前線の2人でカウンター

それで点が取れていたのですが

この試合はカバーニ選手が欠場

ダウンロード

ウルグアイが不失点に終わったのは

カバーニ選手の欠場が大きかったように思います

 

0-2

試合のハイライト

 治療家目線

一番面白いのは、準々決勝の試合

と言われますが

まさしく、勝負にこだわった

全力のぶつかり合いでしたね

勝ちたい気持ちが強すぎて

あわや乱闘になろうかという場面もありましたが・・・

この試合の明暗を大きく分けた

フランスの2点目

AS20180707000058_comm

グリーズマン選手のシュートを

キーパーのムスレラ選手がファンブルしそのまま入ってしまいます

images

もちろん、シュートが凄いのですが

このレベルの試合であれば

防いでほしい場面でもありました

逆に

フランスのキーパーコリン選手は

ウルグアイの決定的なチャンスを

見事にセーブしています

photo_887_1

両ゴールキーパの明暗が

そのまま試合の結果につながった試合でした

2192ed69-s

 

078-451-7877

みやた整骨院HP

関連記事