こんにちは

「〜したい」を叶える整骨院 みやた整骨院の宮田です

ロシアW杯観戦、19試合目です

韓国ードイツ

前回優勝国のドイツ

FIFAランキング1位のドイツ

韓国に負けました

 

2ー0

その結果

いままで、予選リーグで敗退したことのないドイツでしたが

ドイツ史上初めて予選リーグ敗退が決定しました

07fa46aac547944b3ed508d4a41b397e

 

攻めるドイツ

守る韓国

という構図ではありましたが

4b3d57b45fbffa06aae4b2b8406633ca

ドイツが敵陣ペナルティエリアプレーが61回もあるのに

枠内に飛んだシュートがわずか6本

10回に1本しか枠内シュートが飛んでいません

韓国は少ない攻撃回数ながらも

枠内シュート5本と比べると

ドイツの枠内シュートの本数の少なさが際立ちます

韓国キーパーのチョ ヒョヌ選手のファインセーブもありましたが

数字に表れているように

最後の部分で連携が噛み合わなかったり

ビックチャンスでシュートが枠内に行かないなど

ドイツの攻撃にミスが目立ちました

これで3大会連続

前回優勝国が

予選リーグ敗退となっています

もはや、ジンクスなのかも…

 

試合のハイライト

 治療家目線

結果としてアディショナルタイムに韓国に2得点を許し

敗退が決定したドイツですが

試合全体の流れを見ると

試合終盤には

ドイツが敗退するのでは?

という雰囲気に包まれていました

韓国が最後まで動きの質が落ちずに

ドイツの攻撃を守り切った事や

ドイツの隙をついてドイツゴールを脅かす場面を作っていたことも

要因であると思いますが

https_imgix-proxy.n8s.jpDSXMZO3233362028062018I00001-2

ドイツのミスが多すぎた事が一番の理由だと思います

流れが来ている時に

チャンスをものに出来ないと

そのあと相手に流れを持っていかれ

ピンチになります

そのチャンスをミスで何回も逃していたように感じます

germany-wc2018-20180628-02-rs

らしくないミスがここまで続くと

史上初の予選リーグ敗退もあり得ますね

サッカーは流れのスポーツでもあります

どんなに力の差があるチームと対戦しても

流れの変わる瞬間があります

だからこそ

どんなチームにも勝つチャンスがあり面白いスポーツなんです

 

決勝トーナメント状況

グループEからは

ブラジルとスイス

グループFからは

スウェーデンとメキシコ

が決勝トーナメント進出を決めています

078-451-7877

みやた整骨院HP

関連記事