こんばんは

「〜したい」を叶える整骨院 みやた整骨院の宮田です

ケガしたら、日にち薬やと思っている方

それは大きな間違いですよ

例えば捻挫の場合

kannaanklesprain001

捻挫というのは、多くが靭帯や腱の損傷で

靭帯損傷や腱損傷と言うやつです

日にち薬やと思っている人は

おそらく、損傷している部分が修復してくっつくまでは

安静が必要で、日にち薬でしょ

っていう事ですよね

日にち薬やと思っている人は

さらに、損傷の修復が終わったら

その後のリハビリと言われる部分は

そのうちに良くなる⇒日にち薬でしょ

っていう事ですよね

たぶん…

捻挫の程度や症状によってはそのままよくなる事もあるかもしれませんが

ある程度までよくなったものの

思ってたより治らんなぁ~

って事も結構あります

サッカー1-300x199

損傷が修復したとしても

「動作」は勝手に良くなってくれません

痛み強かった時に自然と庇った「動作」が残っていたり

関節事態の動き方(動作)が改善されていなかったり

歩く、走る、しゃがむ、蹴るといった身体全体が連動して動く「動作」の

連動が改善されていなかったり

ただただ、可動域が広がれば良いという訳ではありません

長引けば長引くほど、意識せずに「動作」は改善できません

キチンとした治療を受けていれば

早期復帰出来るのはもちろん

日にち薬と思い、放置していると

いつまでたっても治りきらない場合もあります

「いつまでも痛い」をほっとくと

関節の変形などのように次の段階に進む事だってあります

ケガしたら、日にち薬やと思うのは

大きな間違いですよ

後で後悔しない為にも、出来るだけ早めの受診をおススメします

078-451-7877

みやた整骨院HP

関連記事