こんばんは

「〜したい」を叶える整骨院 みやた整骨院の宮田です

みやた整骨院  宮田 彰二

オスグット

成長期にスポーツをしていると良く聞く症例ですよね

一般的には膝の成長痛と理解されていると思います

ここではもうちょっと掘り下げて説明します

まずは基本的な事から…

オスグットは膝のお皿の少し下の部分に痛みが出ます

オスグット

症状が進み悪化すると、骨の部分がめくれ上ったり、めくれ上がった隙間に新しい骨が作られ変形してきます

特定の動作での痛みや練習後の痛みから始まり、痛みの強い時は歩く事すら困難な症状まで

状態により様々な痛みがあります

オスグットを防ぐ事は出来ないのでしょうか?

同じ年齢で、同じ練習をしていても

チーム全員がオスグットになる事はありません

両脚がオスグットになる選手もいますが、片脚だけの選手も多くいます

水泳や柔道、レスリングのようにオスグットになる可能性が少ない競技もあれば

陸上やサッカー、バスケットボール、バレーボール等のようにオスグットになり易い競技もあります

成長痛の一つではありますが、成長期だから仕方がないのかと言うとそうではありません

何故オスグットになるのでしょうか?

接地(着地)の瞬間がポイントです

接地(着地)の瞬間に下図の様な力がかかる事で、オスグットは誘発されます

オスグット1

逆に、下図のような接地(着地)が出来ればオスグットで痛みの出る部分に負担はかかりません

オスグット2

競技種目やポジションによって、「なり易い」「なり難い」はありますが

どの競技種目やポジションであっても

良い身体の使い方が出来れば成長期だったとしても

オスグットにはなりません

もし、オスグットになってしまったとしても

適切な処置と身体の使い方の改善が出来れば

早期に競技復帰できます

何度も繰り返し、オスグットの痛みで悩まされているとしたら

原因となっている身体の使い方が改善していないからです

「痛みのある時に安静にする」だけでは本当の原因は改善されていません

痛みへの対策だけでは不十分なんです

身体の使い方から見直しましょう

思いっきりスポーツを楽しみたいのにオスグットで楽しめていないのであれば

一度ご相談下さい

078-451-7877

みやた整骨院HP

関連記事