こんばんは

阪神深江の「~したい」を叶える整骨院 みやた整骨院の宮田です

ピンチはチャンスです

ぎっくり腰になったとしたら、ピンチですよね

yjimage

このまま終われば、ただのピンチですが、次にぎっくり腰にならない様に体づくりや腰に負担を掛けない身体の使い方を身につけるチャンスでもあります

ランニングをされる方も、痛みなどの症状が出た時は、フォームを改善するチャンスです

run

痛みもなく上手くいっている時には気付かない事もありますが、症状が出るという事は必ず原因が有ります

症状が出ているピンチの時は、原因を突き止めるチャンスでもあるのです

ケガをして練習を休まないといけない選手の場合

練習を休んでいる状態はピンチと言える状態かもしれません

GettyImages-545911846

無理に練習に参加し続けてもパフォーマンスが低下するだけであれば、無理をする意味がありません

練習を休んでいたとしても、ケガをした原因に目を向け「どうすれば繰り返さないか?」という課題をクリアできれば、休む前より良い状態で復帰する事も可能です

練習に参加できない間に、普段はできない基本的な動きの見直しが出来れば、パフォーマンスアップして復帰する事も可能です

確かに練習を休むというマイナスはありますが、取り組み方次第では挽回できるチャンスはあるっていう事です

ピンチをピンチのまま終わらせるのか、ピンチをチャンスに変えるのか

同じピンチならどちらが良いですか?

ピンチをチャンスに変えられるように取り組めると意識も高くなり、結果回復も早くなります

治療家として「このピンチはチャンスになるんだ」と希望のある治療を行わないといけません

只のピンチではなく、チャンスに繋がるきっかけにしなければなりません

みやた整骨院  宮田 彰二

みやた整骨院HP

関連記事