こんばんは
「~したい」を叶える整骨院 みやた整骨院の宮田です

どんどん暑い日が多くなってきます
寒い冬には「冷え」対策をされる方も多いと思いますが、暑い夏には「冷え」⁇な方もいらっしゃると思います

そもそも「冷え」って何なのでしょう?
冷えた時に起こるので「冷え」と呼んでいますが、正確には「冷たくなっている」だけとは限りません。
体の中で温度差がある状態を「冷え」と呼んでいます。表層と深層・頭と体・上半身と下半身など
体の一部は汗をかいているのに他の所は汗が出ていなかったり、実際に触った時の温度差があります。
冷えている所と冷えていない所でバランスが崩れたり、「冷え」ている臓器の機能低下等の体の不調に繋がっていきます

夏の冷えはどんな時に起こる?
・クーラーでの冷やし過ぎ
・冷たいモノの食べ飲み過ぎ
・甘いモノの食べ飲み過ぎ
・汗をかいたまま冷えた部屋に入り、汗が体を冷やしすぎる等
暑い夏にも、「冷え」の入り口は沢山あり、注意が必要です

ondosa_i

冷えない為にはどうすれば良い?
「冷え」は手首・足首・首から入り、お腹(内臓)を冷やしに行きます。
「冷え」予防には手首・足首・首とお腹を特に冷えない様に、「汗をかいたら拭く」「一枚多くかける」といった対策が必要です
もうすでに、「冷え」てしまっている場合は、体の芯から汗をかく必要があります
ムラのある汗ではなく、その先にある「体全体から滴り落ちる汗」が出るように汗をかいて下さい

8103ad20

暑いからと言って冷たいモノの食べ飲み過ぎや、体の日やし過ぎで
すでに、「冷え」が原因で体調崩される方が増えています
「冷え」ていると、暑さに耐え切れず夏バテの原因にもなります負けてしまいます
暑い時にこそ注意を怠らず、夏の暑さを乗り切りましょう‼

みやた整骨院  宮田 彰二

みやた整骨院HP

関連記事