こんばんは

阪神深江の「~したい」を叶える整骨院 みやた整骨院の宮田です

今年の梅雨入りは6月4日でした

只今、梅雨真っ最中ですね

梅雨って雨が多く湿度が高くジトジトと嫌なイメージが先行しますが、この時期が無いと水不足や作物の不足など困るのも確かです

上手に梅雨と付き合って、夏に向けて準備をしましょう!

yjimage (22)

通常の梅雨は、前・中・後と三段階に分かれています

前期:シトシトと静かな雨が降る日が多くなります

中期:雨続きの日から急に真夏日が出るなど梅雨の中休み

後期:雨量が増え、豪雨が何日も続く事も… 土砂災害に注意が必要です

ただ、最近はこのような通常のパターン通りいかない事が多くなってきていて、特に体調を崩しやすくなっています

そもそも、梅雨の時期は春から夏にかけての季節の変わり目の時期で只でさえ、体調を崩しやすい時期ですが

そこに、雨が多い(気圧が低い)や湿度が高すぎるなど、さらに体調を崩しやすい要素が重なっています

 

梅雨対策

①気温対策

雨の日と晴れている日の気温差や、日中と朝晩の気温差、ヒナタとヒカゲの気温差といった気温差が大きくなる時期で大きな気温差は「冷え」原因になります

一時的に暑いからと言って、冷たいモノの飲み過ぎ食べ過ぎに気を付けて、お腹の調子を整えて下さい

 

②気圧対策

以前の記事、雨の日は調子が悪くなる理由でも書いたように雨の日に調子が悪くなるのは、低気圧が原因です

気圧の変化に負けないようにするには、身体の内圧を高め高気圧状態にすることです

空のペットボトル(=低気圧)と炭酸飲料の入っているペットボトル(=高気圧)を比べると炭酸飲料の入っているペットボトルの方が外からの力に強いですよね

大きな深呼吸(腹式)で沢山空気が吸えるようにしましょう

 

③湿度対策

湿度が高くなる事で、汗をかきにくくなり体内の水分の循環が滞り不調の原因となります

室内の湿度コントロー(40~60%)、規則正しい生活、しっかり睡眠する、汗をかき汗をかいたら湿ったタオルで拭き取る、冷たい・甘い飲み物や食べ物を控える、生ものを控える、肉類を食べすぎないようにする、お酒を飲み過ぎないようにする、脂っこいものを食べすぎないようにする、香味野菜を食事に摂り入れる

梅雨対策を書いていると、しないといけない事ばかりになってしまいますが無理せず出来る事から取り組んでみて下さい

何から取り組んだらよいかは、その人の体調にもよりますので、個別にご質問下さい

みやた整骨院  宮田 彰二

みやた整骨院HP

関連記事