こんばんは

阪神深江の「~したい」を叶える整骨院 みやた整骨院の宮田です

「成長痛」

スポーツをやっている学生にだったら、聞いた事あるんじゃないでしょうか?

「成長痛」って言われたから…と痛い間は練習を休み、痛みが無くなれば練習を再開する

再開しても、また痛くなるを繰り返しながらも「成長痛」だから…

そもそもなぜ成長痛と言われるのか?

成長期体が大きくなる時、当然ですが骨も伸びます

ただ、骨の場合骨全体が伸びるのではなく、骨の端の方に軟骨の様な層ができ、そこが伸びて行く事で骨が伸びます

all

その骨が伸びる層の部分が柔らくなっている為、弱い部分でもあります

そこに、スポーツなどで負荷がかかる動作が繰り返し行われると痛みが出たり、変形したり…

これが、成長痛の流れ

成長期が終わり、骨の伸びる層が無くなれば痛くなるリスクも減少しますがそこまで待たないといけないのでしょうか?

 

そんな事はありません

成長期の痛みとして仕方がないモノなら、全員痛くなるのでしょうか?左右両方痛くなるのでしょうか?

殆どの場合、チームに数名で左右どちらかの痛みです

成長期以外にも何か原因が有り、そこに解決策もあるはずです

 

例えばシーバー病

シーバー病は踵の成長痛です

シーバー

→の部分が骨が伸びる層の部分

それを挟んで足の裏の筋肉とふくらはぎの筋肉(アキレス腱)が働く時に離れる方向に力がかかります

繰り返し離れる力がかかる事で層の部分に痛みが出たり、隙間が広がる事で変形したりとるのがシーバー病

 

右足は痛くないのに、左足は痛い⇒この場合、右足より左足の方が「足の裏の筋肉とふくらはぎの筋肉(アキレス腱)」をよく使っているという事

足の裏の筋肉とふくらはぎの筋肉(アキレス腱)をよく使う使い方を改善して、左右で同じように使える様になるだけで症状は無くなるはずです

イメージしやすいように足の使い方を点数で表現すると

右足60点

左足45点

成長期が終われば、45点でも痛くても成長期では50点以下で成長痛になります

痛みが出ていない右足と同じ60点の使い方ができれば成長期も思いっきりスポーツを続ける事が出来ます

成長痛だからと言って、成長期は仕方がないわけではありません

成長期でも体を上手に使う事が出来れば、思いっきりスポーツをする事が出来ます

諦める前に一度ご相談下さい

みやた整骨院  宮田 彰二

みやた整骨院HP

関連記事