こんばんは

阪神深江の「~したい」を叶える整骨院 みやた整骨院の宮田です

昨日の 本番の出来は準備で決まる~準備が出来てなくて上手くいくはずがない~ の続き

ここからが話しの本番

どんな準備をしたら良いのか?

昨日にも書いたように、人によって・コンディションによってそれぞれですが

どんな状態に準備していくのか?

キーワードは「ノーアップ」

ノーアップといっても準備をしないという意味ではなく

アップをしなくても準備ができている状態が理想ってこと

常に準備ができている状態が理想

 

スポーツの場合は競技前にアップをしますが

images

それでも、競技時間が予定通り行くとは限りません

そんな時にも対応できる準備

 

日常生活の中で言うなら

電車に乗り遅れそうだから、走ろうとした時

images (1)

準備運動から始めていたのでは、間に合いません

 

日常生活の中にはアクシデントもあります

目の前で交通事故が起きた時、適切な対処できますか?

images (2)

その時になってから、何をしたら良いか調べても間に合いません

 

いろんな状況を想定して、いつでも対応できるように準備する必要があります

必ずしも、準備する時間が十分にあるとは限りません

 

直前の準備だけでは準備しきれません

普段の日常生活の中で、どれだけの準備ができているか?

それが重要

言い換えるとどれだけの覚悟があるか?

いつでも、どんな状況でもやる覚悟がないと、そんな準備はできません

 

競技の時間が予定通りでなかったから

急に走ったから

突然のことだったから

対応できなかったら、仕方がないのでしょうか?

出来ることがなかったか後悔しませんか?

後悔しなくて良いように、それぞれにあった準備をしておきましょう

みやた整骨院  宮田 彰二

みやた整骨院HP

関連記事